RACING

北海道から全国へ、そして世界へ!
子供たちへ「希望」と「勇気」を与えるために走り続けたい。

2022.07.05 2021年12月12日 KYOJO CUP Rd.4 富士スピードウェイ

 

KYOJO-CUP Rd.4

 

ここからは、熱く美しい競争女子達の戦いをお届けしていく。

610号車 RINA ITO 選手

 

35号車 兼松 由奈 選手

 

 

<公式練習>

 

 

 

FCR-VITA 決勝レースの後3時間ほど間を空け、KYOJO CUPの練習走行が開始。

30分と短い走行時間でマシンの感触を掴み、試行錯誤していく。

 

タイヤの状態を確認後、コースインするRINA ITO 選手

 

 

RINA選手はところどころマシンの挙動を気にする素振りも見せたが、兼松選手共に翌日へ向けた順調な走行となった。

練習を終え、各チームはマシンの整備を行い万全を期して富士スピードウェイを後にした。

 

 

 

 

<KYOJO CUP公式予選>

 

翌朝 午前7時50分

 

 

 

公式予選が開始され、16台のVITA-01を駆るのは全員が女性ドライバー。

繊細かつ力強い走りからは、彼女たちの気迫が溢れてくるようだ。

 

 

 

25分間の予選の中で、タイムが塗り替えられては激しく順位が入れ替わっていく。

 

早朝の寒さに冷えたタイヤに熱を入れながら、コーナーでの限界を探る35号車 兼松選手もアドバイスを反芻しながらタイムを短縮、

610号車 RINA選手が2分1秒台に入ったところで予選は終了した。

 

 

 

<KYOJO CUP公式予選 リザルト>

10番手 610号車 RINA ITO選手 2分01秒900

15番手 35号車  兼松 由奈選手  2分05秒030

 

 

 

 

RINA ITO選手、兼松 由奈選手による予選後コメント

 

両名とも「悔いの残る結果だった」とコメントしたが表情は明るく、この後の決勝への意気込みが感じられた。

 

 

<KYOJO CUP 決勝>

 

2021年シーズンの最後を飾るレースへ向けて健闘を誓うRINA ITO選手、兼松 由奈選手。

思い思いの声援をかけていくKOSHIDO RACINGチーム。

いよいよ、10周のレースが始まる。

 

 

 

シグナルがブラックアウトし、16台のVITAが全開で加速。

 

 

15番手スタート、35号車 兼松選手は混雑を回避し落ち着いて走行。

10番手からの610号車 RINA選手がスタートダッシュを決めTGRコーナーで1台をパスした後、続くコカ・コーラコーナーで更に順位を上げ8位に浮上。

ADVANヘアピンからダンロップコーナーで並ばれるも、巧みなブロックで守る。

 

 

兼松選手はスタートで16番手に落とすも、焦らず張り付き中盤には15位へ戻る。

 

 

各集団は3台ごとに隊列を組み、長く激しいバトルの様相を呈していた。

そのままレースは順位を入れ替えながら進行し、

7、8、9番手の接近戦を先頭で戦うRINA選手は4周目の300Rからダンロップコーナーにかけて並びかけられ再度8番手につくが、ピットからの指示通りにプッシュ。

 

迎えた最終ラップでは長らくバトルしていた2台を抑え、ポジションを奪い返してRINA選手は7番手、

兼松選手は15番手でチェッカーフラッグを受けた。

 

 

<KYOJO CUP 決勝リザルト>

 

7番手 610号車  RINA ITO選手 3ポジションアップ

15番手 35号車  兼松 由奈選手

 

 

混戦の中、両選手トラブル無く完走する見事な走りを見せた。

「悔しさしかない!」とはRINA選手本人の談だが、アグレッシブなドライブは見るものを惹きつける走りであった。

兼松選手もハイレベルな戦いの中、より経験値が高まっていった事だろう。

 

 

FCR-VITA、KYOJO CUP共に全員が順位を落とさずに走り切った2021年最後のレース。

トラブル時、メカニックの素早く的確な整備や、ピットクルーのデータ解析、アドバイザーのサポートといったチームワークが表れる一戦であったと感じた。

 

 

2021年の応援にお礼を申し上げると共に、

2022年シーズン、KOSHIDO RACINGの新たなチャレンジとチームワークにご注目いただきたい。