RACING

北海道から全国へ、そして世界へ!
子供たちへ「希望」と「勇気」を与えるために走り続けたい。

2022.01.06 2021年10月17日 北海道クラブマンカップレースRd.5 

 

去る10月17日(日)、更別村に位置する十勝スピードウェイ。

 

雪の気配を感じる冷え込みの中、

シリーズ最終戦となる北海道クラブマンカップレースRd.5が

17台のVITA-01、4台のザウルスJr.

計21台によって行われた。

 

 

KOSHIDO RACINGからは、

佐藤 元春 選手 (12号車)

 

浅井 康児 選手 (310号車)

市川 篤 選手  (35号車)

兼松 由奈 選手 (516号車)

以上4名・4台のVITA-01がエントリーし、2021シーズン最終戦へと臨んでいく。

その内容をお伝えしよう。

 

≪予選≫

10月17日(日)午前9時40分。

各マシンにドライバーが乗り込み、タイヤの空気圧調整や締め付けの確認が行われる。

 

 

気温は約8℃という肌寒さと、今にも泣きだしそうな空模様の中、

熱の入ったエンジンがうなりを上げ予選がスタート。

 

各車一斉にコースへなだれ込んでいく中、然るべきタイミングでのコースインを待った後、

KOSHIDO RACINGの4台が走り出した。

しかし予選開始から約4分後の午前9時44分、

ランオフエリアでの停車車両のため赤旗が振動。

 

この間、全ての車両はピットレーンへと戻され、

シグナルがグリーンに点灯することを待ちながら列を作る。

ガレージに入ると予選終了となるため、各車両はずらりと並び隊列を組んでいる様子。

 

 

そして約7分後の午前9時51分。

コース上に停車していた車両が自走で戻り、予選が再開。

やや濡れていた路面もレコードラインからドライへと変わり、

続々とアタックが始まった。

 

前日練習には1分31秒台も出していた12号車、佐藤選手は安定して速いペースで走行。

 

 

 

経験豊かな310号車 浅井選手は33秒台を堅実に走行、

35号車 市川選手もそれに続く。

 

516号車 兼松選手は初めてのVITA-01×十勝に緊張気味だが、

シミュレータでの訓練と先輩ドライバーのアドバイスを生かし順調に走行していく。

 

 

≪予選結果≫

 

そして予選は終了。

KOSHIDO RACING

P.P. : 12号車  佐藤 元春 選手 1:32.170

P6 : 310号車  浅井 康児 選手 1:33.082

P7 : 35号車  市川  篤  選手 1:33.729

P15 : 516号車  兼松 由奈 選手 1:37.011

以上のグリッドから決勝はスタートとなった。

 

 

≪決勝 レース1≫

 

 

午後12時20分、10LAPのレース1が幕を開けた。

エキゾーストノートがこだまし、シグナルがブラックアウト。

 

先頭で1コーナーへ飛び込むのは12号車 佐藤選手。

 

その後方では6番手スタートからロケットスタートを決めた310号車 浅井選手が2台をパス、激しい3番手争いに加わっていく。

 

7番手から35号車 市川選手は前方集団の争いを見ながら冷静にスタート。

516号車 兼松選手は1つ落とし16番手。

 

10LAP先へのチェッカーフラッグを目指してホームストレートを通過する車両たちは、

約1分半と息もつかぬうちにまた帰ってくる。

 

12号車 佐藤選手は安定した速さで1分32秒台をコンスタントにマークしながら、

徐々に後続を引き離しスリップストリームの圏外へと先手必勝の走り。

迎えた4周目に2位争いからペナルティが発生、

310号車 浅井選手は順位を1つ上げ3番手に。

その後も2番手の61号車とテールトゥノーズの状態をキープ。

 

35号車 市川選手は6番手を危なげない走りで順調に走行。

後続の車両を抑えながら堅実な走りを続ける。

 

516号車 兼松選手はレース序盤2コーナーでの前方車両の接触を回避、

2周目の1コーナーで前を行く17号車のインに仕掛けピットの歓声を生むも、

クロスラインを取られ順位をキープ。

その後も隙を伺うように背後につけ、

迎えたファイナルラップの1コーナー、果敢に食い下がりついにオーバーテイクというガッツを見せた。

 

≪決勝レース1 結果≫

KOSHIDO RACING

優勝 : 12号車  佐藤 元春 選手 1:32.260

P3  : 310号車  浅井 康児 選手 1:32.885

P6  : 35号車  市川 篤  選手 1:33.159

P14  : 516号車  兼松 由奈 選手 1:36.360

 

 

12号車、佐藤選手が2位に10秒548の大きな差をつけ優勝。

浅井選手、市川選手、兼松選手ともに予選よりも速いペースで周回し、ポジションを上げる見事な走りでレース1をフィニッシュした。

 

上記レース1でのベストタイムを基にレース2のグリッド順が決定。

ここから約3時間のインターバルを挟み、各車両は再度コースへと入っていく。

 

≪決勝レース2≫

時刻は15時15分、一時の雨を受けた路面は再度ドライへと変わったころ、

各車がコースインしフォーメーションラップを行う。

 

 

 

タイヤを暖めた車両たちが続々とホームストレートへと戻り、

各グリッドへと停車。

ドライビングアドバイザーの平中 克幸選手もひとりひとり声をかけ、激励する。

 

P.P. : 12号車  佐藤 元春 選手 1:32.260

P5  : 310号車  浅井 康児 選手 1:32.885

P7  : 35号車  市川 篤  選手 1:33.159

P14  : 516号車  兼松 由奈 選手 1:36.360

 

ドライバー達の集中力、緊張感、エンジン回転が一気に高まり、レース2は始まった。

各車スタートを決めていく中、12号車 佐藤選手は既に逃げの姿勢。

 

スタートでしかけたのは5番手スタート310号車 浅井選手。

1コーナー、777号車と61号車が争う脇から一気に2台をパス。

そのままの勢いで88号車と2番手争いになだれ込む。

 

時を同じくして35号車 市川選手は1コーナーで5番手まで上げるも、

トラクションがかかりきらず7番手ポジションへ戻る。

 

516号車は姿勢を乱した先導車をブレーキで回避、ややオーバーステアを出すが立て直して中団を追っていく形となる。

 

 

そこから1分半、2周目へと入っていく12号車 佐藤選手は後続を1秒引き離すハイペースで走行。

 

 

ホームストレートで310号車 浅井選手は3号車に対しスリップストリームでの先行を許すが、そのままでは終われない。

直後の2コーナーで3号車が姿勢を乱した瞬間を見逃さず、素早くパス。

一瞬の決断力が勝敗を分けた。

 

再度順位が動いたのは516号車 兼松選手。

序盤はタイヤに熱が入らないとみられる不安定な一面もあったが、周を重ねるごとにペースが上がっていく。

迎えた4周目の8コーナーでは17号車にプレッシャーをかけていき、

アンダーステアが出たところをインからスムーズにパス。

 

更にペースが上がるかと思われたが、

5周目の6コーナー脱出で芝に飛び出し痛恨のスピン。

幸いにも接触は無くすぐにコースへと復帰したが、ポジションを2つ落とすこととなる。

 

同じく5周目、35号車 市川選手は前を行く61号車に対し、

それまで1秒ほど空いていた差を1、2コーナーで一気に縮めていく。

遂には6周目の1コーナー、スリップストリームからインを差し6番手へと浮上。

9周目、1周につき1秒を突き放す12号車 佐藤選手はザウルスJr.の背中をも捉える抜群のペースで走行。早くも周回遅れを出すレース展開となっていく。

 

 

そして12周目、チェッカーフラッグが振られる中レースは終了。

 

 

優勝の12号車 佐藤選手は2位に8秒差、

3番手の310号車 浅井選手は2位に1秒4の差でフィニッシュ。惜しくもワン・ツーとはならなかったが、共に1分32秒台を叩き出す圧巻の走りであった。

 

35号車 市川選手は終始安定したラップで6番手。

516号車 兼松選手は追い上げつつもわずか0秒7の差で16番手フィニッシュとなった。

 

 

以下リザルト

 

優勝  : 12号車  佐藤 元春 選手 1:32.146

P3  : 310号車  浅井 康児 選手 1:32.600

P6  : 35号車  市川 篤  選手 1:33.136

P16  : 516号車  兼松 由奈 選手 1:35.442

 

 

12号車を駆る佐藤選手は、

予選ポールポジション・決勝レース1、2共に優勝、有言実行のパーフェクトレースで自身初となるシリーズタイトルを獲得。

念願のチャンピオンとなった。

 

 

 

 

優勝の12号車 佐藤選手

3位 310号車 浅井選手よりコメント

 

 

35号車 市川選手よりTwitterコメント

 

 

516号車 兼松選手よりTwitterコメント

 

 

肌寒い十勝スピードウェイで、熱い走りを見せた各選手たち。

その挑戦はこれからも続いていく。